« 共謀罪TV(ティーブイ)
平岡秀夫民主党衆議院議員が語る
| トップページ | 共謀罪TV(ティーブイ)
強行採決見送りで警察当局にも焦り »

2006年5月21日 (日)

共謀罪TV(ティーブイ)
阿部知子社民党衆議院議員が語る

 2006年5月17日、与党(自民党・公明党)は衆議院厚生労働委員会で高齢者に大幅な負担増となる医療制度改革法案を強行採決した。翌日、同法案は衆議院本会議で可決されている。

 これに続き、もし、共謀罪法案が衆議院法務委員会で強行採決されれば、民主党が全面的な審議拒否へ突入することは必至。医療制度改革法案を重視する小泉純一郎首相が、5月19日の共謀罪法案の強行採決は思いとどまったという見方もある。

 同日、衆議院法務委員会終了後、阿部知子社民党衆議院議員(厚生労働委員会所属)がインタビューに答えた。

 取材は三宅勝久氏(ジャーナリスト)、撮影は清水直子氏(フリーライター)、編集は筆者。

 阿部知子社民党衆議院議員が語る 2分11秒 『Windows Media Player』

 阿部知子社民党衆議院議員が語る 2分11秒 『Quick Time』

|

« 共謀罪TV(ティーブイ)
平岡秀夫民主党衆議院議員が語る
| トップページ | 共謀罪TV(ティーブイ)
強行採決見送りで警察当局にも焦り »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133720/10166688

この記事へのトラックバック一覧です: 共謀罪TV(ティーブイ)
阿部知子社民党衆議院議員が語る
:

« 共謀罪TV(ティーブイ)
平岡秀夫民主党衆議院議員が語る
| トップページ | 共謀罪TV(ティーブイ)
強行採決見送りで警察当局にも焦り »