« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月30日 (水)

共謀罪TV(ティーブイ)
自由にビラも配布できない国

 2006年8月27日、女子大生らが東京・渋谷駅周辺で「共謀罪反対」を訴えるビラを配布した。

 女子大生らは、2006年7月17日も同様な活動を行っているが、そのとき、警視庁警察官数名が道路交通法違反として妨害する出来事も発生している〔既報〈共謀罪TV(ティーブイ)またしても警視庁が共謀罪反対運動を弾圧〉参照〕。

 はたして、今回も警察官らが臨場し、妨害しはじめた。前回同様、報道機関記者が持つカメラを押さえつけることも忘れない。自分たちが不法行為をはたらいていると認識しているため、取材、撮影、報道されるのが怖いのであろう。

 女子大生らや記者らが強く抗議すると、警察官らはしぶしぶ引きあげた。しかし、次回も引きあげるかどうかはわからない。

 ビラ配り自体は、通行人男性が飛び入りで参加するほど、注目度、関心度、共感度が高かった。ビラは、1時間強で約300枚がはけた。

 いつから、日本は、自由にビラも配布できない国となりはてたのか。共謀罪法案が成立すれば、警察はやりたい放題だ。

 撮影は西村仁美氏(ルポライター)、朴哲鉉(パク・チョルヒョン)氏(『オーマイニュース』記者)、筆者、編集は西村氏。

 自由にビラも配布できない国 1分08秒 『Windows Media Player』

 自由にビラも配布できない国 1分08秒 『Quick Time』

| | トラックバック (0)

2006年8月10日 (木)

共謀罪TV(ティーブイ)
デモ規制を強める警察

 2006年8月5日、フリーターや派遣社員らが東京・秋葉原で労働条件改善などを訴えるデモを行った。

 前回(2006年4月30日)、同様のデモが行われたときは、警察が道路交通法違反で参加者を逮捕し、共謀罪法案が成立すれば、もっとひどい弾圧が横行することを予想させた〔既報〈共謀罪TV(ティーブイ)不当逮捕されたDJが語る〉参照〕。

 今回、マスメディアが取材していたこともあり、警察は、あからさまな弾圧は控えたようだ。それでも、ますます強まるデモ規制は見てとれる。

 共謀罪法案が成立するまでもなく、「表現の自由」は死に絶えようとしている。

 撮影は岩本太郎氏(フリーランスライター)と三宅勝久氏(ジャーナリスト)、編集は三宅氏。

 デモ規制を強める警察 2分08秒 『Windows Media Player』

 デモ規制を強める警察 2分08秒 『Quick Time』

| | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »