« 共謀罪TV(ティーブイ)
ビラも配れる国へ
| トップページ | 「共謀罪TV(ティーブイ)」の舞台裏がのぞけるイベント »

2006年10月 6日 (金)

共謀罪TV(ティーブイ)
共謀罪と警察

 2006年10月3日、星陵会館(東京都千代田区)で「さらば!共謀罪 10・3集会」が開かれ、平岡秀夫民主党衆議院議員(法務委員会所属)が「共謀罪をつくらなければいけないというスタート地点が間違っていた」、鎌田慧氏(ルポライター)が「共謀罪は、裏ガネをつくっている警察ではなく、無実の市民を取り締まるもの」、大内顕氏(元警視庁会計担当職員)が「今の警察に共謀罪を運用させるわけにはいかない」と訴えた。

 星陵会館玄関付近には、私服公安警察官10名以上が立ち並び、200名を超える参加者をチェックしていた。こういう警察国家を予見させる活動こそ、どんどん市民を共謀罪反対へ向かわせているのに、なんともご苦労なことである。

 撮影と編集は西村仁美氏(ルポライター)。

 共謀罪と警察 2分26秒 『Windows Media Player』

 共謀罪と警察 2分26秒 『Quick Time』

|

« 共謀罪TV(ティーブイ)
ビラも配れる国へ
| トップページ | 「共謀罪TV(ティーブイ)」の舞台裏がのぞけるイベント »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133720/12168146

この記事へのトラックバック一覧です: 共謀罪TV(ティーブイ)
共謀罪と警察
:

« 共謀罪TV(ティーブイ)
ビラも配れる国へ
| トップページ | 「共謀罪TV(ティーブイ)」の舞台裏がのぞけるイベント »